三井物産エアロスペース株式会社

dvtel

dvtel

世界数十カ国で、500社以上に導入されている AI 監視システムのリーディングカンパニー

Umbo CV社はロボットビジョン(マシンビジョン)のエキスパートが集まった会社です。クラウドとニューラルネットワークを活用した高精度のAI映像解析システム “Light” を開発し、現在世界中で導入されています。
AI映像解析システム“Light”は人間の検知に特化した AI 解析エンジンであり、解析精度は従来型の映像センサーでは誤警報が頻発するような環境でも超低誤報率と高検知率を実現できます。
機能はエリア侵入検知、フェンス越え検知、特定エリア内人数カウントが可能です。自社製のカメラのみならずRTSPの複数映像ストリーム出力に対応していれば、基本的にはメーカーを問わず“Light”の機能を利用できます。

AI搭載監視カメラ

Umbo CV社はカメラの開発・販売にも注力しており、バレット型、ドーム型の2機種で展開中です。カメラ側に1TOPSの演算装置とAI解析エンジンを搭載することにより、クラウドAIに映像をアップロードすることなくカメラ内で解析を行えます。カメラ内で解析することによりリアルタイムな発報と使用帯域の低減を実現できます。
またカメラ側のエッジAIはクラウドAIと常に通信しており、クラウドAIの精度が上がるにつれ、エッジAIの解析精度も向上する仕組みになっています。
同社のカメラを利用すれば、煩雑な接続設定は不要、かつ通信はカメラからクラウドまで 256bit の暗号化が適用される為、サイバーセキュリティ対策も万全に行えます。